石畳

車窓から眺めた一面の黄色い菜の花畑(^^)
d0146995_2124591.jpg






d0146995_2125994.jpg5月6月は忙しいとは思っていましたが…やっぱり忙しい(^^; 1週間前、2泊3日でコメちゃんの学年はschool tripがありました。コメちゃんはバレエがあったので1泊2日だけの参加、2日目のお昼に私がお迎えに行く事となりました。プラハから1時間半ほど離れた場所でドイツとの国境近く、冬はスキー、夏は様々なアクティビティが楽しめる良い場所でした。最終日まで参加させてあげたかったのですが、仕方ない。

d0146995_2130172.jpg夏は旅行者が沢山やってくるプラハ、ホテルも飲食店も忙しいけど、工事関係も忙しい。冬は雪が多くて作業が出来ないため、舗装工事などは主に夏に行われます。最近は旧市街広場の近くの通りで、歩道の石畳を全て撤去し、また一から石を敷き詰めるという作業をしています。

d0146995_21301152.jpgマス目の模様は枠組みを使って。石は一個一個手作業でハンマーを打ちながら敷き詰め、最後に上からプレスをしていきます。炎天下の中、地道に一個ずつカンカンカン…。新しい石畳は石の角がまだシャープなので、石畳も硬い感じ。また多くの人が歩くことによって少しずつ滑らかになっていくのでしょう(^^♪

人気ブログランキング
クリックすると応援されます。
いつも応援ありがとうございます(^^)ノ 
[PR]
by koniku_eu | 2018-06-07 21:24 | - 街の様子 | Comments(4)
Commented by うみうし at 2018-06-09 10:12 x
コメちゃんの遠足、一日早く切り上げて、こにくさんが忙しい中お出迎えとはちょっと残念でした。一面の菜の花、気持ち良いですね。
プラハ市街の石畳、取替え工事ですか?ヨーロッパの街でお馴染みの石畳、昔から敷き詰められたままなのかと思っていました。角が取れて歩き易くなるまでには、相当の年月が掛るのでしょうね。石の文化も維持するにはいろいろ大変なのですね。
Commented by 丸腰さん at 2018-06-10 13:15 x
コメちゃんschool tripを途中切り上げて少し残念だったね。
ドイツ国境に近い場所だったのですね。牧歌的で良いところのように感じます。

石畳の修理、意外と石の厚さがあるのですね、一度ローテンブルグで修理中の現場を見たとき驚いたことがありました。
Commented by koniku_eu at 2018-06-16 08:31
♪うみうしさん、こんにちは。
新しい石畳、もともと2色の石を使っていたのですが、出来上がった石畳は2色の違いが殆ど分からず、ちょっと残念に思っていました。その後雨が降り、しばらくしたら2色の色の違いがハッキリしてきてビックリ(^^; 今や色は元のようにキレイに2色となっていいます。でもまだ地面は堅い感じ、どのくらいでしっくり馴染むようになるのか楽しみです(^^♪
Commented by koniku_eu at 2018-06-16 08:31
♪丸腰さん、こんにちは。
我が家は車が無いので郊外への送迎は大変なのですが、半分だけでも参加できてコメちゃんも楽しかったようです(^^♪ 石畳、歩道の石畳はまだ小さめな石なのですが、車道の石畳もたまに入れ替えています。一辺が20㎝以上もある石だと重さも相当なようで、工事も大変そうです(^^ゞ
<< 2CELLOS バイオリンのコンクール >>